地元志木市議、元衆議院議員の現場ヒアリング

令和2年12/2(水)は、輝HIKARI志木に、地元志木市の西川和男市議、今村弘志市議、阿部竜一市議の3名と輿水恵一元衆議院議員がご来訪されました。

当団体からは、統括管理者兼団体理事の大谷が対応。

現在のコロナ禍における障害者支援の現場における課題の集約として、放課後等デイサービスでの活動において、地元の行政に解決してほしい課題のヒアリングとなりました。

現状の当施設における課題を伝えました。

長引くコロナ禍における状況での、利用者やそのご家族の不安、そして職員の不安など問題は様々と山積しています。

伝えました現場の状況を、市や県、そして国へと繋いで頂き少しでも安心して、支援に取り組めるようにして頂ければ幸いです。

左から今村市議、輿水元衆議院議員、西川市議、阿部市議。(対応:大谷理事)

関連記事

  1. 【大阪イベント】みんなで学ぼう!発達障害とその支援について …

  2. イベント『こどもたちは、オヤジのチカラを待っている』報告

  3. 片岡聡一総社市長と懇談《障がい者千人雇用の推進》[岡山県総社…

  4. 『映画「海洋天堂」上映会と障害者の性とお金の支援を学ぶ講演会…

  5. 子どもの発達障害支援の青年期への影響

    子どもの発達障害支援の影響

  6. 片岡聡一総社市長と共に講演[神戸]

PAGE TOP