埼玉新聞掲載の報告と贈呈式でのご縁

本日、1月26日付けの埼玉新聞の6面に、昨日の大和証券福祉財団さまの「ボランティア活動助成」の贈呈式の模様が掲載されました。

こちらの記事について転用させて頂きます。

記事内容
ボランティア助成県内3団体に贈呈
大和証券福祉財団

大和証券福祉財団(鈴木茂晴理事長)は25日、「平成24年度 第19回ボランティア活動助成」事業で県内3団体を決定し、さいたま市大宮区の大和証券大宮支店で贈呈式を行った。
同財団は、大和証券50周年事業として1994年から助成を開始。2012年度は全国で67団体、総額1488万円を助成。
県内は今回3件、89万3千880円を助成。石河良夫事務局長は「活動の一助になればうれしいです」とあいさつ。大和証券大宮支店の高塚峰生支店長は「これからもぜひ活動を継続してください」と述べた。贈呈式後は受賞団体から活動報告が行われた。

県内の助成先は次の通り(一部省略)
プティパ(志木)▽三郷市立彦成中学校(三郷)▽おやじりんく(さいたま)

同じく贈呈されました、三郷市立彦成中学校のホームページはこちら!

三郷市立彦成中学校
http://www.edu.city.misato.lg.jp/dd.aspx?menuid=1828

この中学校は生徒数が156名のうち約40名が特別支援学級に通う生徒が在校され、障害者に対しての理解がとても進んでいる中学校です。

また過去にはボランティアとして近くの高齢者施設・幼稚園・小学校・そして民間施設、または障害者施設で劇や音楽発表など延べ500回を数えるほどボランティア活動を行っている地域に根ざした、そしてインクルージブ教育を率先して行っている中学校です。

校長先生とも短時間ですが懇談させて頂き、その障害者支援に対してとても熱い気持ちを持たされているこは伺えました。

是非機会がありましたら一度「おやじりんく」として学校見学に訪問させて頂きたいと思っております。

そして同じく贈呈されました、一般社団法人プティパのホームページはこちら!

一般社団法人プティパ
http://www.petitpas-saitama.org/

この団体は全般的に「子育て」として、主に母親の支援について力を入れている団体です。

「子育て・家族の相談室」「仲間同士のピアサポート」「子育てサロン」を三本柱に展開され、それに関連したサロンや相談会、セミナー・イベントを開催しております。

プティパ相談スタッフとして運営に携わる田村芳香氏は、埼玉大学教育学部で社会福祉を学び、ソーシャルワーカーとして精神保健福祉士・社会福祉士の資格を持ち13年間相談支援や地域交流事業に従事するベラテンの専門家です。

■田村芳香氏プロフィール
http://www.petitpas-saitama.org/about/

是非、当団体とも共同し、同じ埼玉県として父親支援・母親支援を取り組んで参りたいと思います。

関連記事

  1. 政府の緊急事態宣言対する今後の対応について

  2. ふぁみえーる主催のイベントで講演させて頂きました

  3. LUSHさまよりご提供頂きました

  4. 埼玉新聞1面にて当団体をご紹介頂きました

  5. パパが子どもたちの“メインマン(親友)”になろう!

  6. 埼玉県NPO基金に登録しています

PAGE TOP