ダンウェイ高橋社長を訪ねて

ダンウェイ高橋社長を訪ねて

2019-09-09 広報担当レポ 1
ダンウェイ

こんにちは。広報の島です。
2019年9月7日(土)。川崎市中原区に拠点を置く、ダンウェイ株式会社を見学させていただきました。
以下の画像のように、会社は商店街の中にありました(南武線武蔵新城駅)。

ダンウェイ

出迎えて頂いたのは社長の高橋陽子さん。
元気いっぱいの笑顔でウェルカムしていただきました。

高橋社長の息子さんは障害があり、頂いた資料「未来予想BOOK」の「私たちの原点」の文章中には
「障害のある子やその家族の人生は、まわりの大人が勝手にきめてしまうのだと本当にショックでした…」等ありました。
そういった機会やきっかけすらもらえない…という状況から高橋社長の挑戦は始まり、会社を設立し、今に至るようです。

ダンウェイ

熱のこもったお話に、大変引き込まれましたし、お話の中にはさまざまなキーワードが散りばめられていました。

◎やっていないから、能力が見えない。「まずやってみよう!」
◎障害児の「その人なりの自立」

今の会社に至るまでのさまざまなバックストーリーも大変感動しました。
また資料や動画、書籍等もいただきました。
書籍は「ダンウェイものがたり」というものでしっかりと読ませていただきます。

高橋社長やスタッフさんがさまざまな壁に当たりながらも、行き着いた今の支援や事業は輝HIKARIでも将来的に取り入れ、さらに障害児の未来を開いて行ければと思いました。

★ダンウェイ株式会社さんの主な事業
※資料より抜粋しました。

①シームレスな(切れ目のない)寄り添う支援。
・放課後等デイサービス→自立訓練(生活訓練)→就労移行支援

②知的障害があってもホームページが制作できるソフト「ICT治具(ジグ)」の開発販売。

③成長段階にあわせたオリジナル教育教材の開発で、障害児の能力を発掘・開花。

④一般就労までに少し時間のかかる方が「働く」ことを目指す、就労継続支援B型。

<続く>

(広報:島良一)

1件の返信

  1. […] ③9月7日 ダンウェイ高橋社長を訪ねて 川崎市中原区に拠点を置く、ダンウェイ株式会社を見学。就労移行支援や知的障害があってもホームページが制作できるソフトICT治具の開発・販売、オリジナル教育教材開発で障害児の能力を開花、就労継続支援B型。 また、障害児就労体験として、デイサービスの障害児が、居酒屋で就労の体験をする取り組みも実際にお客として参加しました。社会の中に身を置くことの大切さを感じました。この模様は神奈川新聞にも掲載されました。 ※詳細▶http://support-hikari.net/?p=281 […]

コメントは受け付けていません。