健康経営とは

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設しました。

経済産業省「健康経営の推進」ページより引用

輝HIKARIでは、この経済産業省の掲げる「健康経営優良法人認定制度」にて健康経営優良法人への認定に向け、スタッフ一同、健康経営に取り組んでいます。

健康経営のための活動

1.健康宣言宣言証

当団体、輝HIKARIでは、健康宣言をしました。全国健康保険協会埼玉支部より、健康宣言の宣言書を頂きました。

「健康宣言」とは
企業全体で従業員の健康づくりに取組むことを宣言することです。
協会けんぽ埼玉支部では、大切な社員とそのご家族の健康増進に向けて、事業主の皆様に「健康経営」に取組んでいただくために、様々なお手伝いをしています。「健康宣言」を行い従業員の健康づくりに取組む企業には、協会けんぽ埼玉支部が取組みのサポートを行い、一定の取組みを行った企業には認定や表彰を行います。

全国健康保険協会 埼玉支部 HPより

2.セミナーの実施

輝HIKARI各施設ごとに、健康経営のセミナーを行いました。アクサ生命保険さんにサポートしていただいてます。

3.健康習慣アンケートの実施

輝HIKARIスタッフで健康習慣アンケートを行い、結果がレポートして集計されました。

このレポートは、全国と比べ輝HIKARIスタッフがどういった結果になっているかも出されます。

「この部分で誇りを持ちこれからも伸ばそう」、また「この部分は全国より下回っているので皆で気をつけていこう」等の話し合いができます。

輝HIKARIスタッフのアンケート結果

アンケート結果のレポートによると、すべての項目において全国平均を上回ることができました。とくに「ワークエンゲージメント」は全国平均2.52に対し、輝HIKARIは3.1と高い結果がでました。

自分の仕事に誇りを感じる割合が、91%です。

関連ブログ記事

    PAGE TOP
    PAGE TOP