カニングハム久子先生と再会

本日は、東京都内にて開催された、アイエスエフネット高等学院開校記念イベントに家族と、おやじりんくアシスタントの堀内頼子さんと参加。

<2014年秋アイエスエフネット高等学院開校記念講演会>>
発達障がい者の人生をどう設計するか
http://www.at-mhk.jp/event_view.html?index=954

このイベントの基調講演をされたのは、カニングハム久子先生で、先生とは1年振りに再会をしました。

カニングハム久子先生は、40年前からアメリカに滞在、現在はニューヨークのブロンクスに住まれており、年に1回、この時期に帰国して全国各地でご講演活動をされます。

昨年5月には、カニングハム先生のご自宅にお伺いして、先生のご指導を受けました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=458300640919226&set=a.280875795328379.65889.100002178823897

先生も今年で御年80歳。ご高齢でありながらもニューヨークから来た時差の疲れなど一切感じさせないほどお元気でした。

11月までの先生が日本にご滞在の間、少しでも先生から自閉症、発達障害の療育について学ばせて頂きたいと思います。

関連記事

  1. 6回に渉る絵画教室を終えて

  2. 埼玉県議会公明党議員団の意見交換に参加、要望しました

  3. 『映画「海洋天堂」上映会と障害者の性とお金の支援を学ぶ講演会…

  4. 来年度も引き続きよろしくお願いいたします

  5. 子どもの発達障害支援の青年期への影響

    子どもの発達障害支援の影響

  6. おじゃりんく通信

    輝HIKARIヒストリー

PAGE TOP