健康経営セミナーを開催

今日は、当団体が進めている健康経営の一環として「3つの健康」と題して、セミナーを開催しました。
各施設から集まり、16名の職員が参加しました。

健康経営とは、国の政策として、経済産業省が進めるヘルスケア産業施策です。

健康経営とは?
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html

セミナーには、アクサ生命保険の五十嵐さんにお越し頂き講師をしてもらいました。

「3つの健康」として「心の健康」「身体の健康」「社会的な健康」としてお話し頂きました。
心の健康としての課題は、やはり日々の生活費や老後生活資金についてがストレスの要因となっています。

以前、話題になった老後2000万円問題から福祉業界としての収入に関する悩みなど課題をお話し頂いた後、ねんきん定期便について、お話し頂き各々用いた電卓で年金の計算を行いました。
それ以外に、職員同士で各々の年金の悩み、老後の悩みなど話しました。

また資産を増やす要素として、銀行・保険・証券などの活用についても説明がありました。
人(職員)が支える法人として、そして対人支援をしている私たちは、常に安心を心がけられるよう、様々な取り組みを行い、起業として健康であり続ける経営ができるように心がけています。

関連記事

  1. 輝HIKARIのリトミック活動をご紹介します

  2. アートコミュニケーションプログラムを開催

  3. 輝HIKARIスタッフ合同研修会を開催[さいたま市]

  4. 健康経営セミナー(みらいとさいたまにて)

  5. 月刊福祉に取材して頂きました

  6. ハートぷれいすHIKARI納涼会

PAGE TOP