効果高い早期療育/矢倉氏、児童の発達支援で視察

公明新聞 2019.06.27 掲載されました。

効果高い早期療育

さいたま市

矢倉氏、児童の発達支援で視察

 公明党の矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区、自民党推薦)は25日、さいたま市見沼区で、NPO法人「輝HIKARI」(金子訓隆代表理事)が6月1日に開所した児童発達支援・放課後等デイサービスの多機能型施設「輝HIKARIみらい」を視察し、発達に課題のある未就学児に対する早期療育の有効性などを巡り金子代表理事らと意見交換した。さいたま市議が同行した。

 同施設の児童発達支援事業は、2〜6歳の未就学児が対象で、生活支援とともに、バランス感覚などを養う点が特徴。金子代表理事は「運動療育型は未就学段階から行うことで集団生活になじめるようになるなど効果は高い」と語った。

 視察後、矢倉氏は「早期療育を担う職員の処遇改善など支援強化に取り組みたい」と語った。

運動型療育のための遊具について説明を聞く矢倉氏(中央)ら=25日 さいたま市

関連記事

  1. 障害児と性教育考える/岩手ひだまり会が公開講座

  2. リビング(LIVING)埼玉ホームページでご紹介頂きました

  3. 健康経営優良法人2021として認定されました

  4. 埼玉新聞1面にて当団体をご紹介頂きました

  5. 実践 障害児教育2月号に掲載されました

  6. 『障がい児を“おやじ” が支援』と題して掲載されました

PAGE TOP