埼玉福祉事業協会のフェスティバルに参加:さいたま市

29日は、さいたま市西区にある、社会福祉法人埼玉福祉事業協会のフェスティバルに参加しました。

このフェスティバルには、当団体代表と、理事2名、広報とその他、放課後等デイサービス『輝-HIKARI-』のスタッフやその子どもたちも参加。

毎年開催されているこのフェスティバルは昨年から参加しており、去年秋に開催した運動会もご招待頂き、地域の障害者支援として共に活動を取り組んでいます。

輪投げやひもくじ、バルーンアート、輪投げなどの催し物からポップコーンや今川焼き、焼きそば、フランクフルトなどのお店が出店され、春の心地よい気候の中、縁日のように開催されています。

またステージが有志が音楽や踊りなど様々な芸を披露して参加した方々を楽しませています。

他には、さいたま蕎麦うち倶楽部のメンバーはその場でそば粉から手打ちで、そばを作り無料でそばを提供してくれます。

さすが職人の技!本当に美味しいお蕎麦でした。

また毎回、このフェスティバル・運動会には、ステーキのどんも出店。

ステーキのどんは、全国に70店舗以上展開をしているステーキチェーン店です。

ステーキのどんホームページ
http://www.steak-don.jp/

このステーキのどんと、埼玉福祉事業協会の繋がりは、同事業協会が運営する「あかしやの森」が作っているパンを、ステーキのどんで提供をしています。

あかしやの森について
http://www.suginoko-g.or.jp/product.html

ステーキのどんの全国でで提供されているパンは、この「あかしやの森」が作っているという縁から、いつも埼玉福祉事業協会のイベントでは、ステーキのどんが必ず出店、どんの社長自ら駆けつけて、参加者の皆様にその場でステーキを焼いて提供をしております。

直火で出来たてのステーキ串は最高に美味しかったです。

また「あかしやの森」が作られているパンも食材を生かし、とても丁寧に焼かれており、美味しいパンです。

ステーキのどんに行って、このパンを食べたら、埼玉福祉事業協会や、あかしやの森、そしてこのステーキのどんの障害者支援の取り組みについて思いだしてみてください。

清々しい気候のなか、とても楽しいフェスティバルでした。

関連記事

  1. 基礎から学ぶ問題行動に対する理解と対応:研修会[さいたま市]…

  2. 鴨下賢一先生によるスタッフ研修会を行いました

  3. さいたま市にて、映画「海洋天堂」上映会&シンポジウムが開催さ…

  4. ダンウェイ

    ダンウェイ高橋社長を訪ねて

  5. 総社市:障がい者千人雇用の取り組みを見学1

  6. Yokohama Social Cafeの収録に行きました

PAGE TOP