東京新聞にて活動をご紹介頂きました

本日付(2014年10月31日)の、東京新聞10面で『発達障害児と生きる-父親たちの輪-』というテーマで、NPO法人ファザーリング・ジャパンのメインマンプロジェクトの活動と、当団体の支援活動が紹介されています。

先月28日、NPO法人ファザーリング・ジャパンのプロジェクトの1つである「メインマンプロジェクト」がスタートとして、そのキック・オフ・ミーティングに当団体の代表が参加させて頂いた事がキッカケとなり、今回の東京新聞での紹介と掲載に至りました。

記事内容は、当団体が運営している児童発達支援・放課後等デイサービス『輝-HIKARI-』の紹介。また当団体の設立の経緯から、支援活動の内容について紹介もされています。

その他、NPO法人ファザーリング・ジャパンの支援活動、メインマンプロジェクトのリーダーでもある橋さんのインタビューや、安藤代表理事のコメントなども掲載されています。

なお、東京新聞のホームページでも紹介されていますので、記事内容はそちらを参考に御覧下さい。

『発達障害児と生きる-父親たちの輪-』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2014103102000136.html

関連記事

  1. 埼玉新聞掲載の報告と贈呈式でのご縁

  2. 輝HIKARIスタッフ合同研修会 ~障害のある人の可能性を広…

  3. 政府の緊急事態宣言対する今後の対応について

  4. 効果高い早期療育/矢倉氏、児童の発達支援で視察

  5. 発達障害児の文化的交流を求める絵画教室について

  6. 障害児と性教育考える/岩手ひだまり会が公開講座

PAGE TOP