絵画教室を開催しました

21日は、さいたま市内の大宮工房館にて、発達障害児の文化的交流を求める絵画教室を開催しました。

この絵画教室には、放課後等デイサービス「輝-HIKARI-志木」「輝-HIKARI-さいたま」の子どもたちを中心に、22名の児童が参加。

今回のテーマは、3月8日の絵画展に向け作品作りになりました。

「どうぶつ」「くるま」「でんしゃ」「やさい」「そのた」などそのテーマごとにテーブルを分けて、そこに素材と下絵を準備。

ペンやクレヨンを使って思い思いに絵を描き上げました。

白紙から、輪郭を表現することが難しい子どもたちには、講師やスタッフが下絵を描いて、そこに色づけしたり、好きなものを書き足して絵を完成させていきました。

桜の花びら、妖怪ウォッチ、風景、星、その他自由に描いたくさんの作品もありました。

こちらの作品は、来月8日に埼玉懸障がい者交流センターで行われる絵画展に出展いたします。

イベントタイトル:埼玉県障害者交流センター25周年事業 「第2回 こどもたちは、オヤジのチカラを待っている。」

開催日時:2015年3月8日(日曜日) 10:00〜16:00

場所:埼玉県障害者交流センター

http://www.oyajilink.net/event.php

是非この作品たちを観覧しに来て下さい。

関連記事

  1. 2019年9月の活動

  2. LUSHさまご提供:クレイソープイベントを開催[さいたま]

  3. Likelab施設を見学&障がい者支援者カンファレ…

  4. 2013年の活動がスタートしました

  5. 障がいのある方のITを活用した在宅就労フォーラムに参加:香川…

  6. ハートぷれいすHIKARI全体研修に参加しました。

PAGE TOP