鉄道画家の福島尚『鉄道画家集・線路は続くよ』出版記念パーティーに参加

1月9日は、埼玉県日高市内にて行われた鉄道画家の福島尚『鉄道画家集・線路は続くよ』出版記念パーティーに当団体代表の金子と広報の堀内がお招き頂に参加しました。

この出版記念パーティーには、谷ケ崎日高市長をはじめ、日高市議会議長、日高市教育長、地元県議会議員など多数の来賓が参加され盛大に開催。

福島尚さんは知的障害を伴う自閉症の特性がありながら、その繊細な筆さばきで、見た光景を記憶して、自宅にあるアトリエで記憶だけを頼りに絵を完成させる方。

カメラアイの特性を生かした絵画活動をしています。
福島尚さんのことについては、下記のホームページで詳しく書かれています。

話すことはできないけど鉄道で世界とつながった! 自閉症の画家、福島尚さんの父母が語るこれまでの道のり
http://www.bookbang.jp/review/article/523218

画集は先月12月12日、全国の書店で発売を開始。
また、ネットでも購入できますので、ぜひ御覧になってください。

関連記事

  1. さいたまパパ・スクール第4期にて講演しました

  2. ミニ勉強会を開催[さいたま市]

  3. 障がい者千人雇用の取り組みについて交流1【岡山県総社市】

  4. 「ゆりかごから墓場まで」そんな繋がる支援を考えていきたい

  5. 社会福祉法人岩手ひだまり会と交流・見学[岩手県奥州市]

  6. バニーフーズさま見学・勉強ツアー その3

PAGE TOP