(社福)愛成会と移動アトリエを開催

19日は、さいたま市内の大宮工房館にて、12月度文化芸術交流活動を開催しました。

今回の交流は、社会福祉法人愛成会さまとの団体としての交流もありました。

愛成会さまは、厚生労働省の補助事業のひとつである「平成27年度障害者の芸術活動支援モデル事業」を受託されており、その補助事業の中で人材育成のプログラムとして「移動アトリエ」を開催。

今回はその「移動アトリエ」を行いました。

参加者は当団体が運営する、放課後等デイサービス『輝HIKARI 志木・さいたま・上宗岡』の3施設の児童30名が参加しました。

今回の移動アトリエのテーマは『フリーダム』

自由な発想で好きなように子どもたちに表現をしてもらいました。

床一面に紙を貼り、サインペン・絵の具・色鉛筆などで好きなように自分の絵を描きました。

またダンボールハウスを制作して、その壁面にも絵を描いたり装飾したりしました。

絵の苦手な子には、粘土なも用意して遊べるようにしました。

また2000個の木の積み木を用意して、好きなように組み手たりして立体的な表現などもしていました。

最後は自分の創った作品をみんなで発表しあいました。
とても賑やかで楽しい「移動アトリエ」となりました。
本イベントを一緒に盛り上げて頂きました、社会福祉法人愛成会さまにはこの場をお借りして御礼申し上げます。

関連記事

  1. 山本博司財務大臣政務官と懇談させて頂きました

  2. さいしん大和田支店窓口の装飾

  3. オヤジたちの『イイトコサガシ』 第一部について

  4. 放課後等デイサービス輝HIKARI志木

    放課後等デイサービス初訪問

  5. 未来の芸術家育成に向けて協力

  6. 『映画「海洋天堂」上映会と障害者の性とお金の支援を学ぶ講演会…

PAGE TOP