1月度 文化芸術交流活動を開催

さいたま市の大宮工房館で、今年最初の文化芸術交流活動を行いました。

今回は、『輝HIKARIさいたま』『輝HIKARIみぬま』の児童たちが参加。

創作内容は「おきあがりこぼうしをつくろう」でした。

タマゴ型の発砲スチロールの底にビー玉を入れて、小法師の基をつくりました。

児童たちは、その基の小法師にサインペンやビーズ、アクセサリーや毛糸玉など装飾して、好きな起き上がり小坊師を完成させました。

また早く完成した児童は、パズル風塗り絵をしました。

最後は、みんなの前で自分の作品を発表。

頑張ったところを発表したり記念撮影をしたり、また先生からどこが良かったのかなど感想を伝えてもらい、作品に対する想いを伝え合いました。

関連記事

  1. 基礎から学ぶ問題行動に対する理解と対応:研修会[さいたま市]…

  2. 地元志木市議、元衆議院議員の現場ヒアリング

  3. 第1回 ちょっと気になる子たち(発達障害)を支えるオヤジの集…

  4. さいしん大和田支店窓口の装飾

  5. SAPハピネス株式会社を訪問

  6. 「ゆりかごから墓場まで」そんな繋がる支援を考えていきたい

PAGE TOP