特定非営利活動法人としての活動のひとつに「職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動」があります。
これに基づき、「障がい児支援という仕事を知るキッカケづくり」として、社会福祉学科の学生や保育過程を学ぶ専門学生、専門分野を目指す大学の学生らを研修の場として受け入れております。

IPW実習

IPW実習とは、「専門職連携実践」のことで、対象となる方は基本的に大学生で、埼玉県立大学を中心とした4大学の学生が、実際に当団体の放課後等デイサービスの現場で4日間研修し、事例検討会を行います。

2018年 IPW実習(実際に行われた行程など内容全体の記事)

2019年 IPW実習(3日目の事例検討会のレポート記事)

    PAGE TOP
    PAGE TOP