パパ・ママ遊ぼう子育てフェスティバルに参加

2月1日は、さいたま市北区にある、ショッピングモール『ステラタウン』のセンターコートにて、さいたまパパネットワーク『さいパパ』(代表:紅谷弘二氏)が主催する『パパ・ママ遊ぼう子育てフェスティバル』に参加いたしました。

このイベントは、埼玉県内で父親・母親から『子育て』を支援する各団体が協力して参加し、日曜日に家族連れで賑わうショッピングモールで、お子様を対象とした遊びを催す企画で行われました。

このイベントに当団体もブースを出展。

同区にある、児童発達支援・放課後等デイサービス『輝-HIKARI-さいたま』の活動をアピールする場として、障害のある子どもたちへの理解啓発の活動を行いました。

当団体からは、代表・理事2名・アシスタントの合計4名でイベントのお手伝いとして参加。

障害の有無なく子どもたちと一緒に輪投げや、箸・スプーンを使ったゲームなどを楽しみました。

またイベントの中ではパネルディスカッションとして、パパ・ママたちが参加した座談会「本当のイクメンってなんだ?」を開催。

パネラーとして当団体の金子も登壇して、障害のある子どもを持つ父親としての立場、また児童発達支援・放課後等デイサービス『輝-HIKARI-さいたま』の施設の紹介などをさせて頂きました。

普段の活動は「障害」という事がテーマとなり活動をしていることが殆どですが、複数の方が集うショッピングモールという場で、障害児への支援について、また社会への障害への理解等について伝える事ができた事は大切な機会であったと思います。

これからも地域の子育て支援団体とは協力して、理解啓発に努めていきたいと思います。

関連記事

  1. 高齢・障害者ワークフェア2019

    アスペルガー就労支援(梅永雄二博士)

  2. バニーフーズさま見学・勉強ツアー その2

  3. 健康経営セミナー(みらいとさいたまにて)

  4. 山本博司(ひろし)参議院議員と懇談させて頂きました

  5. SAPハピネス株式会社を訪問

  6. 第1回 ちょっと気になる子たち(発達障害)を支えるオヤジの集…

PAGE TOP