総社市:障がい者千人雇用の取り組みを見学1

2月10日は、岡山県総社市に訪問させて頂きました。

総社市への訪問は二度目、今回の訪問は、総社市が一丸となって行っている『障がい者千人雇用』について、担当の職員や、施設の訪問を行いました。

総社市の『障がい者千人雇用』については、市のホームページでも紹介されていますのでそちらを参考にしてください。
http://www.city.soja.okayama.jp/fukushi/shogaisha/senninkoyou/syuugaisya_koyou_toha.html

総社市福祉部の担当者が一同に介して見学を歓迎してくれました。

ますば障がい者千人雇用センターを視察。

総社市・ハローワーク・社会福祉協議会が一体となって、障がい者の雇用を斡旋して推進。

結果的にこの3年半で、当時180名だった障害者の就労数を833名まで伸ばしています。

■障がい者千人雇用- 岡山県総社市の挑戦
https://www.facebook.com/soja1000

続いて市役所会議室にて、保健福祉部長・福祉課長をはじめ社会福祉協議会の就労支援担当・発達障害者の支援対策担当者、こども課の課長などお集まりいただき、総社市が取り組んでいる障がい者千人雇用センターについてご報告を頂き、一昨年12月に、テレビせとうちで放映された「ザ・ドキュメンタリー ともに働き ともに輝く 〜目指せ障がい者千人雇用〜」を拝見させて頂きました。

番組詳細
https://ja-jp.facebook.com/soja1000/photos/a.306391056085975.70340.302250626500018/631105653614512/

その後は1時間ほどの時間を要し意見交換。

この中で、当団体と同席したサイボウズ株式会社の松村社長室長より、サイボウズ社のシステムkintoneを活用した地方での地域包括ケアシステムの紹介がありました。

昼食は総社市の計らいによりご用意頂きました。

ご用意頂いたお弁当は、障害者就労施設A型の事業所が作られているヘルシーお弁当を食しました。

昼食後、場所を市役所から移動して、児童発達支援事業所「総社はばたき園」を見学、こちらの事業所は未就学児の生活のサポート・療育が必要と思われる30名を毎日お預かりしている児童発達支援事業所です。

大きな集団療育を行う部屋から、個別に療育やクールダウンを行える個別の部屋などがありました。

こちらの敷居は、すべて職員の方の手作りだと聞きしました。

職員の方々の真心がこもっています。

続いて総社市内の授産施設が作られているクッキーやきなこを販売している、市内のセブンイレブンを見学。

こちらの内容は次回の活動報告で書きます。

関連記事

  1. 第2回 こどもたちは、オヤジのチカラを待っている。 その2

  2. 知的障がい者施設のリスクマネジメントを学ぶ

  3. イベントの活動報告 第二部について

  4. 小さな一歩。新しい一歩。

  5. バニーフーズさま見学・勉強ツアー その3

  6. 久留米市 児童デイLikelab 就労施設 藍に訪問

PAGE TOP